ビジネス文書

 暮らしとビジネスのマナーガイド        

封筒・はがきのあて名書き

サイト紹介
暮らしとビジネスのマナーガイドは、日常生活やビジネスで知っておかなければならないマナーを紹介しています。
暮らしのマナーでは、ご近所付き合い、冠婚葬祭、一般的な行儀作法等、ビジネスマナーでは、言葉づかい、電話、接客、ビジネス文書の書き方等を紹介しています。
何か分からないことがあった時や迷った時、不安に思った時など幅広く活用していただければ幸いです。

スポンサードリンク

暮らしとビジネスのマナーガイドTOP >> ビジネス文書
ビジネス文書
封筒・はがきのあて名書き
丁寧に・役職名をつけたら「殿」
表書きは、ワープロでも手書きでもいいですが、誤字脱字や書き直しがなく、楮書でていねいに書かれていることが最低条件です。ただし、公式文書や儀礼的な文書を送るときは筆書きにする方がいいでしょう。
会社、部課あての手紙は「御中」、個人名なしの役職者あてなら憤習として「殿」、その他は「様」とし、他の人間に開封してもらいたきかくないときは「親展」「机下」などの脇付けをつけます。
会社名は通称でなく正式名称で書きます。(株)などと略してもいけません。
封印はのりづけがていねいな感じを与えります。テープでもいいですが、ホッチキスは使わないようにします。よく封じ目を「メ」で封印するが、しなくてもかまいません。

スポンサードリンク
MENU
■暮らしのマナー
住まいと暮らし
○冠婚葬祭
○おつきあい・手紙
○行儀作法
○国際マナー
■ビジネスのマナー
○挨拶・話し方
○接客
○電話
○オフィスの日常
○お客様訪問・出張
○ビジネス文書
○接待・パーティ
プロフィール
リンク集
Copyright (C)暮らしとビジネスのマナーガイドAll Rights Reserved