ビジネス文書

 暮らしとビジネスのマナーガイド        

ビジネス文書の基本知識とマナー

サイト紹介
暮らしとビジネスのマナーガイドは、日常生活やビジネスで知っておかなければならないマナーを紹介しています。
暮らしのマナーでは、ご近所付き合い、冠婚葬祭、一般的な行儀作法等、ビジネスマナーでは、言葉づかい、電話、接客、ビジネス文書の書き方等を紹介しています。
何か分からないことがあった時や迷った時、不安に思った時など幅広く活用していただければ幸いです。

スポンサードリンク

暮らしとビジネスのマナーガイドTOP >> ビジネス文書
ビジネス文書
ビジネス文書の基本知識とマナー
ビジネス文書に必要な慣用句
ビジネス文書は、事務的な形式によって成り立っているものですから、いわゆる慣用句の基本知識を、しっかり頭に入れておく必要があります。たとえば、時候の挨拶なども、形式通りの文面にするのが適当で、これを凝った文章で長々と書いたりしても意味がありません。
つまり、ビジネス用の文書で必要なのは、主文による結論だけなのですから、それに伴う前文とか末文の挨拶などは、あくまでも形式的な慣用句で事足りるわけです。要は、相手方に事実を正しく伝えることにあって、いたずらに文学的表現を気取ったものや、自己流の難解な文章などは、書かないようにすることです。
ビジネスは能率本位ですから、まず「文書主義の原則」をふまえた、簡潔でわかりやすい文書を作成するように心がけましょう。

■ビジネス文書の形式
1.時候のあいさつ用語
 
<早春〜晩春>
  <初夏〜晩夏>  <初秋〜晩秋>  <初冬〜晩冬>  <師走>  <新年>
2.安否のあいさつ用語
3.感謝のあいさつ用語
4.起筆のあいさつ用語
5.陳謝(お詫び)の用語例

スポンサードリンク
MENU
■暮らしのマナー
住まいと暮らし
○冠婚葬祭
○おつきあい・手紙
○行儀作法
○国際マナー
■ビジネスのマナー
○挨拶・話し方
○接客
○電話
○オフィスの日常
○お客様訪問・出張
○ビジネス文書
○接待・パーティ
プロフィール
リンク集
Copyright (C)暮らしとビジネスのマナーガイドAll Rights Reserved