ビジネス文書

 暮らしとビジネスのマナーガイド        

ビジネス文書の基本知識とマナー

サイト紹介
暮らしとビジネスのマナーガイドは、日常生活やビジネスで知っておかなければならないマナーを紹介しています。
暮らしのマナーでは、ご近所付き合い、冠婚葬祭、一般的な行儀作法等、ビジネスマナーでは、言葉づかい、電話、接客、ビジネス文書の書き方等を紹介しています。
何か分からないことがあった時や迷った時、不安に思った時など幅広く活用していただければ幸いです。

スポンサードリンク

暮らしとビジネスのマナーガイドTOP >> ビジネス文書
ビジネス文書
ビジネス文書の基本知識とマナー
ビジネス文書に必要な事務的用語
ビジネス文書には、普通の手紙文にない独特の用語が多くあります。これは事務的な要素が基準となるためですが、これらの用語をどう生かすかが、文書作成の重要壬ポイントになります。
つまり、ビジネス用の文書は能率本位ですから、わざわざ時間をかけて、自己流の凝った文章を書こうとするよりも、既成の慣用句から、遭当な文章を選んであてはめていくのが効率的といえるでょしう。
ワープロの普及などで、定型文書は簡単にできますから、まず汎スタイルの標準的な文書をファイルしておき、必要に応じて日付、数量、固有名詞などを取り換えれば、効率的な文書作成ができるわけです。
つまり、ビジネスの基本原則であるコスト面からいえば、「速く」(時問の短縮)、「楽に」(労働の節約)、「安く」(経費の節約)、「正しく」(質的内容の向上)、「きれいに」(仕上がり)といった必要条件が満たされることになります。
■ビジネス用語の慣用句

1.「何ぶん・・・・・」
2.「まずは・・・・・」
3.「とりあえず・・・・・」
4.「取り急ぎ・・・・・・」
5.「・・・・・ところ」
6.「願い上げ・・・・・」


スポンサードリンク
MENU
■暮らしのマナー
住まいと暮らし
○冠婚葬祭
○おつきあい・手紙
○行儀作法
○国際マナー
■ビジネスのマナー
○挨拶・話し方
○接客
○電話
○オフィスの日常
○お客様訪問・出張
○ビジネス文書
○接待・パーティ
プロフィール
リンク集
Copyright (C)暮らしとビジネスのマナーガイドAll Rights Reserved