電話

 暮らしとビジネスのマナーガイド        

電話のかけ方

サイト紹介
暮らしとビジネスのマナーガイドは、日常生活やビジネスで知っておかなければならないマナーを紹介しています。
暮らしのマナーでは、ご近所付き合い、冠婚葬祭、一般的な行儀作法等、ビジネスマナーでは、言葉づかい、電話、接客、ビジネス文書の書き方等を紹介しています。
何か分からないことがあった時や迷った時、不安に思った時など幅広く活用していただければ幸いです。

スポンサードリンク

暮らしとビジネスのマナーガイドTOP >> 電話
電話
電話のかけ方
まず自分から名乗る
相手が出たら、まずは自分の名前を言い、挨拶をしてから相手のつごうをきく習憤をつけましょう。
「○○社の××と申します。いつもお世話になっております。お忙しいところ恐縮ですが、ただいまよろしいでしようか」相手がいいと答えてから、はじめて用件に入りましょう。相手のつごうもきかず、いきなり用件に入ると、相手はやりかけの仕事が気になって話に身が入らず、せっかくの電話がムダに終わってしまったり「なんて無礼な」と悪印象をもたれてしまったりすることもあります。自分の意思と関わりなく、貴重な時間を奪われるのは誰しも不愉快なものです。そのあたりをよく考えなくてはいけません。

スポンサードリンク
MENU
■暮らしのマナー
住まいと暮らし
○冠婚葬祭
○おつきあい・手紙
○行儀作法
○国際マナー
■ビジネスのマナー
○挨拶・話し方
○接客
○電話
○オフィスの日常
○お客様訪問・出張
○ビジネス文書
○接待・パーティ
プロフィール
リンク集
Copyright (C)暮らしとビジネスのマナーガイドAll Rights Reserved