電話

 暮らしとビジネスのマナーガイド        

電話のかけ方

サイト紹介
暮らしとビジネスのマナーガイドは、日常生活やビジネスで知っておかなければならないマナーを紹介しています。
暮らしのマナーでは、ご近所付き合い、冠婚葬祭、一般的な行儀作法等、ビジネスマナーでは、言葉づかい、電話、接客、ビジネス文書の書き方等を紹介しています。
何か分からないことがあった時や迷った時、不安に思った時など幅広く活用していただければ幸いです。

スポンサードリンク

暮らしとビジネスのマナーガイドTOP >> 電話
電話
電話のかけ方
電話のかけ方の例
1. 事前準備をしておく。 ・相手の電話番号、所属部署、役職、氏名を確認する。
・用件と、話す順序を整理する
・必要な資料、メモを手元に用意する
2. 相手が出たら自分の会社、名前を名乗り、あいさつをする。
・取引先など、つき合いのある相手の場合
・初めて電話をする相手の場合


「○○会社の鈴木です。いつもお世話になっております。」

「お忙しいところ失礼いたします。 私、○○会社の鈴木と申します。」
3. 呼び出してほしい相手の名前を告げる 「恐れ入りますが、○○部の山田様はいらっしゃいますか。」
4. 呼び出した相手が出たら、再度名乗ってあいさつをする。 「○○会社の鈴木でございます(です)。いつもお世話になっております。」
5. 用件は明確に、要点をおさえて簡潔に話す。
・用件が長くなりそうな場合 は相手の承諾を得てから話す。
「○○の件ですが。」
「○点あります。まず1点目ですが。」
「今よろしいでしょうか。」
「少々お時間をいただけますでしょうか。」
6. 話したい相手が不在の場合、自分がどうしたいかを取り次いだ人に伝える。 「かけ直しますので、電話のあったことをお伝えいただけますか。」
「お戻りになりましたら、お手数ですが折り返しお電話をいただけますでしょうか。」
「伝言をお伝えいただけますか。」
7. 伝言を頼んだときは、用件が正しく伝わっているか確認し、相手の名前を聞いておく。
・相手が復唱しないときはポイントを要領よく復唱する。
・相手が名乗らないとき



「念のため確認させていただきます。」

「失礼ですが、お名前をうかがわせていただけますか。」
8. 折り返し電話をもらうときは、電話番号を伝えておくと、相手の手間が省ける。 「念のため電話番号を申し上げます。」
9. 自分の部署名、名前を名乗る。 「確かに申し伝えます。私、○○課の佐藤と申します(が承りました)。」
10. 締めくくりのあいさつをする。 「それでは、よろしくお願いいたします。」
11. 電話を切る。 原則として、電話をかけた方が先に切る。※相手がお客様や目上の方の場合は、相手が切ってから受話器を置く。

スポンサードリンク
MENU
■暮らしのマナー
住まいと暮らし
○冠婚葬祭
○おつきあい・手紙
○行儀作法
○国際マナー
■ビジネスのマナー
○挨拶・話し方
○接客
○電話
○オフィスの日常
○お客様訪問・出張
○ビジネス文書
○接待・パーティ
プロフィール
リンク集
Copyright (C)暮らしとビジネスのマナーガイドAll Rights Reserved