冠婚葬祭

 暮らしとビジネスのマナーガイド        

香典・供物

サイト紹介
暮らしとビジネスのマナーガイドは、日常生活やビジネスで知っておかなければならないマナーを紹介しています。
暮らしのマナーでは、ご近所付き合い、冠婚葬祭、一般的な行儀作法等、ビジネスマナーでは、言葉づかい、電話、接客、ビジネス文書の書き方等を紹介しています。
何か分からないことがあった時や迷った時、不安に思った時など幅広く活用していただければ幸いです。

スポンサードリンク

暮らしとビジネスのマナーガイドTOP >> 冠婚葬祭
冠婚葬祭
香典・供物
香典の額・ふくさに包んで持参
額に決まりはありません。亡くなった人の立場、つきあいの程度で判断すればいいでしょう。近親者の場合は多くするのがふつうですが、一般には5000円〜10000円程度が一般的です。なお、金額の奇数、偶数にこだわる必要はありません。
香典を持参するのは通夜でも告別式でもかまいません。地味な色のふくさか風呂敷に包んで持参し、受付で取り出して「どうぞご霊前にお供えください」と渡します。八ンドバッグやポケットからむき出しのまま取り出すのは不作法とされます。

スポンサードリンク
MENU
■暮らしのマナー
住まいと暮らし
○冠婚葬祭
○おつきあい・手紙
○行儀作法
○国際マナー
■ビジネスのマナー
○挨拶・話し方
○接客
○電話
○オフィスの日常
○お客様訪問・出張
○ビジネス文書
○接待・パーティ
プロフィール
リンク集
Copyright (C)暮らしとビジネスのマナーガイドAll Rights Reserved