オフィスの日常

 暮らしとビジネスのマナーガイド        

ミス・事故の対応

サイト紹介
暮らしとビジネスのマナーガイドは、日常生活やビジネスで知っておかなければならないマナーを紹介しています。
暮らしのマナーでは、ご近所付き合い、冠婚葬祭、一般的な行儀作法等、ビジネスマナーでは、言葉づかい、電話、接客、ビジネス文書の書き方等を紹介しています。
何か分からないことがあった時や迷った時、不安に思った時など幅広く活用していただければ幸いです。

スポンサードリンク

暮らしとビジネスのマナーガイドTOP >> オフィスの日常
オフィスの日常
ミス・事故の対応
場合によっては始末書などを
会社に与えた損害が大きければ、本人や責任者は理由書、始末書を提出しなければならなくなります。
場合によっては進退伺も出します。
@始末書=不始末の詫び状。申し訳ないと思う気持ち、反省の情を示す。言い訳はしない。
A理由書(てん末書)=発生年月日・時間、事故などの内容・経過、原因・結果を書く。事実だけを具体的にまとめる。
B進退伺=責任を認め、進退を上司に一任することを届け出るもの。首を洗って差し出すわけで、辞職を通知する辞表とは違う。ふつう責任の重い管理職が社長あてに提出する。

スポンサードリンク
MENU
■暮らしのマナー
住まいと暮らし
○冠婚葬祭
○おつきあい・手紙
○行儀作法
○国際マナー
■ビジネスのマナー
○挨拶・話し方
○接客
○電話
○オフィスの日常
○お客様訪問・出張
○ビジネス文書
○接待・パーティ
プロフィール
リンク集
Copyright (C)暮らしとビジネスのマナーガイドAll Rights Reserved