住まいと暮らし

 暮らしとビジネスのマナーガイド        

公衆道徳

サイト紹介
暮らしとビジネスのマナーガイドは、日常生活やビジネスで知っておかなければならないマナーを紹介しています。
暮らしのマナーでは、ご近所付き合い、冠婚葬祭、一般的な行儀作法等、ビジネスマナーでは、言葉づかい、電話、接客、ビジネス文書の書き方等を紹介しています。
何か分からないことがあった時や迷った時、不安に思った時など幅広く活用していただければ幸いです。

スポンサードリンク

暮らしとビジネスのマナーガイドTOP >> 住まいと暮らし
住まいと暮らし
公衆道徳
乗り物でのマナー
電車・バスなどでは、一人でも多くの人が腰かけられるように気を配ります。シートに寝そべったりするのは論外だが、荷物を置いたり間隔を空けて座ったりして、一人で二人分の席を占領しないことです。
また次の行為も非常識です。他人に対する思いやりがないと、周囲は迷惑します。
@降りる人を差しおいて乗り込む。
Aドア付近にしがみつき、人の出入りに無関心。
B股を大きく広げて座る。
C足を通路に投げ出して座る。
D込んでいるのに足を組む。
Eミニスカートなのに足を組む。
F髪をとかしたり化粧したりする。
G長い髪、広がった髪をかき上げたりする(他人の髪が顔に触れるのは不愉快。髪の毛が目に入ったりすると危険)。
H大きなバックを無頓着に持つ(角が人に当たる。通行の邪魔)。
I混雑しているのに新聞を広げる。
Jグループで円陣を組み、通路をふさぐ。
Kボリュームを上げてヘツドフオンステレオを聞く。
Nわがもの顔に騒ぐ。
M人にもたれて楽をする。
N読み終わった新聞を網棚に置いていく。
Oゴミを捨てたり、空缶を座席の下に置いていく。

スポンサードリンク
MENU
■暮らしのマナー
住まいと暮らし
○冠婚葬祭
○おつきあい・手紙
○行儀作法
○国際マナー
■ビジネスのマナー
○挨拶・話し方
○接客
○電話
○オフィスの日常
○お客様訪問・出張
○ビジネス文書
○接待・パーティ
プロフィール
リンク集
Copyright (C)暮らしとビジネスのマナーガイドAll Rights Reserved