おつきあい・手紙

 暮らしとビジネスのマナーガイド        

手紙(見舞い)

サイト紹介
暮らしとビジネスのマナーガイドは、日常生活やビジネスで知っておかなければならないマナーを紹介しています。
暮らしのマナーでは、ご近所付き合い、冠婚葬祭、一般的な行儀作法等、ビジネスマナーでは、言葉づかい、電話、接客、ビジネス文書の書き方等を紹介しています。
何か分からないことがあった時や迷った時、不安に思った時など幅広く活用していただければ幸いです。

スポンサードリンク

暮らしとビジネスのマナーガイドTOP >> おつきあい・手紙
おつきあい・手紙
手紙(見舞い)
相手の状況に合わせて
火事や台風などの罹災見舞いは、先方の状況を可能なかぎり調べたうえで、相手の身になって書きます。
協力・援助を惜しまないことを書き添えると励みになります。
また、以下のようなケースでは、よほど近しい関係でないかぎり、見舞いは控えたほうがいいでしょう。
@火事の火元になったとき。
A性犯罪の被害者になったとき。
B身内が犯罪を犯して死傷したとき。

C特殊な病気のとき

スポンサードリンク
MENU
■暮らしのマナー
住まいと暮らし
○冠婚葬祭
○おつきあい・手紙
○行儀作法
○国際マナー
■ビジネスのマナー
○挨拶・話し方
○接客
○電話
○オフィスの日常
○お客様訪問・出張
○ビジネス文書
○接待・パーティ
プロフィール
リンク集
Copyright (C)暮らしとビジネスのマナーガイドAll Rights Reserved